七味の風味が香る焼き枝豆

夏のおつまみにピッタリ!枝豆をフライパンで蒸し焼きにすると甘みが出て美味しくなります。もろみ醤油漬けの味わいと、かんずり七味の風味にハマってしまうこと間違いなし!

材料 (4人分)
枝豆  1袋(200g~250g)
男鹿の塩(洗い塩は他の塩でOK)
・洗い塩 大さじ1
・もみ塩 大さじ1
・味付け 適宜
A.ぬれ七味  大さじ1(お好み)
A.岩井の胡麻油  大さじ1/2
油  適量
*Aのぬれ七味と岩井の胡麻油を混ぜる
今回使った道具と調味料
かんずり ぬれ七味、男鹿半島の塩、岩井の純正胡麻油金口、WADASUKE 鉄丸フライパン 26cm

HOW TO COOK!作り方

1.ボウルに枝豆を入れて洗い塩で汚れとうぶ毛を取り除くようにこすり合わせ、洗い流します。その後、塩でもみ込み10分ほど置きます。
*塩をもみ込む時に、枝豆の両端をはさみでカットすると味がしみ込みやすくなります!

2.フライパンに薄く油を引き、枝豆が重ならないようにして敷き詰め蓋をします。枝豆を洗った時の表面に残った水分と枝豆が持つ水分のみで蒸し焼きにします。(蓋が無い場合はアルミホイルで代用可)
火加減は中火からはじめ、香りがしてきたら中火〜弱火で5分程度待ちます。枝豆の焼き目や硬さなどを確認しながら火加減と加熱時間を調整してください。

3.枝豆に火が通ったら火を止め、男鹿半島の塩を振り、Aを入れて絡めます。
4.完成です。(しっかりした味がお好みの場合は、男鹿半島の塩か、ぬれ七味を足して調整してください)

[今回使った道具と調味料]

かんずり ぬれ七味 45g

かんずりとは、新潟県妙高市の伝統調味料です。原料のもとになる唐辛子は自家栽培したものと妙高市の契約農家さんの唐辛子を使用…

男鹿半島の塩 スタンドパック 200g

なまはげで有名な秋田県男鹿市にある秋田県唯一の塩工房さんです。綺麗な海水を汲み上げ、昔ながらの製法で職人さんが丁寧に、時…

岩井の純正胡麻油金口 330g

岩井の胡麻油は、安政四年(1857年)の創業以来今もなお昔ながらの製法を守り、人の手をかけ、丁寧に搾っています。胡麻油の…

WADASUKE 鉄丸フライパン 26cm

鉄丸フライパンは、熱をしっかり蓄えて食材に熱を伝える為、短い時間で食材の芯まで火が通ります。短い時間で食材に火が通ること…

最新情報をチェックしよう!