オレンジとセロリのキャロットマリネ

旬のオレンジとセロリを使った見た目も可愛いマリネはいかがですか?これからはバレンシアオレンジが旬の季節になります。セロリの独特な香りは、アピインやセネリンという栄養素からきていて、気持ちを落ち着かせる効果があり、イライラや頭痛を和らげてくれます。オレンジの甘みが口いっぱいに広がり、これから暑くなる季節に最高の前菜になること間違いありません。セロリがちょっと苦手な方にもお召し上がりいただけると思います。

材料(2人分) 
オレンジ          1個
セロリ           1/2本
◆マリネ液
A.白ワインビネガー   大さじ2
A.オレンジ絞り汁      適宜
A.ハチミツ       大さじ1
A.塩            ふたつまみ
◆キャロットドレッシング
人参              1/2本
B.EXVオリーブオイル  大さじ1弱
B.りんご酢         大さじ1
B.上白糖            小さじ1
B.塩            ひとつまみ
B.白胡椒          少々
今回使った道具と食品
純銅手造り両面おろし金 3号、家事問屋 下ごしらえボウル13、MOKA シェフナイフ、ambai 土佐板 台形S

HOW TO COOK!作り方

1.セロリは水洗いをし、葉が付いた部分と茎の部分に切り分けます。今回は葉の付いていた上の部分の茎を使っていきます。まずは筋を取り除きます。切り口に包丁をあて、筋を削ぐように引きながら取ります。5cmの長さに切り分け薄切りにしておきます。オレンジは皮をむき、薄皮を取り除き小分けにします。ボウルに薄皮に残った果肉を絞り出し、セロリとオレンジの果肉、混ぜ合わせて乳化させたAを入れて1時間ほど漬け込みます。
 セロリは白いものは柔らかく甘みがあり、緑色のものは香りが強く感じられます。好みや用途に応じてお好きなものを選んでみてください。

2.キャロットドレッシングを作ります。人参の皮をむき、卸し金で摺りおろします。混ぜ合わせて乳化させたBを入れ、混ぜ合わせておきます。

3.器にキャロットドレッシング、オレンジ、セロリの順に盛り付けて出来上がりです。


[今回使った道具と食品]

新光堂 純銅手造り両面おろし金 3号

金属加工が有名な新潟県燕市で職人さんが一つ一つ目立てを行い、伝統技術を受け継ぎながら手づくりでつくられている純銅のおろし…

家事問屋 下ごしらえボウル13

卵を溶いたり、具材を和えたりと、日々使うボウル。 目盛りのついた、この下ごしらえボウルは、計量しながらの調理が可能。小…

MOKA シェフナイフ

刃物のまち、岐阜県関市でつくられたオールステンレスの包丁です。切れ味が良く、ハンドルにはスリットが入っているので滑りに…

ambai 土佐板 台形S

樹齢100年以上の四万十ひのき材の両端に桜材の反止めを挟み込み、割れにくく反りにくい極限までの薄さを追求したまな板。薄い…

クーポン配信中!「LINE友だち追加」

LINEの友だち追加をしていただくと、YAOCAオンラインストアで使える500円クーポンをプレゼントいたします。LINE登録を待ちしております。

CTR IMG