わさび菜としらすのパスタ

今が旬のピリッと辛みのある「わさび菜」と「しらす」の塩味が利いたパスタをご紹介します。わさび菜はわさびの一種と思われがちですが、からし菜の変異種です。11月から3月が旬ですが、寒い時期の方が辛さは増すので、辛いのがお好きな方には今使うのがおすすめです。ビタミンA、B2、Cなどのビタミン類が豊富に含まれ、老化やがん予防に効果を期待できます。しらす干しは、カルシウムの吸収を助けるビタミンDや血液に必要なB12、タンパク質を豊富に含みます。わさび菜は生でも、火を入れても美味しい野菜なので、2種類の味と食感を堪能してください。パスタ好きには堪らない和風アーリオオーリオです。生のわさび菜をたくさん入れると、サラダ感覚のパスタとしてお召し上がりいただけます。

  1. 材料(2人分)
  2. HOW TO COOK! 作り方
  3. 今回使った道具と調味料

材料(2人分)

  • リングイネ         ・・・ 160g
  • わさび菜          ・・・ 1/2束
  • しらす干し         ・・・ 100g
  • にんにく          ・・・ 1片
  • EXVオリーブオイル     ・・・ 大さじ4
  • 男鹿半島の塩        ・・・ 小さじ1
  • 茹で汁           ・・・ 大さじ5
  • パルミジャーノレッジャーノ ・・・ 適宜

HOW TO COOK!作り方



1.パスタパンに2Lのお湯を沸かし、お湯に対して1%の塩20g(分量外)とリングイネ、またはお好みのパスタを入れて、袋に記載の規定時間茹でていきます。
パスタを入れるときには、両手でパスタを軽くひねってから入れると、きれいに広がりくっつき防止になります。
kaicoパスタパン 小ぶりなのに5.7Lと大容量。湯切りのしやすい中網は使い易さ抜群。中網を外せば両手鍋としても使えるので1つあると料理の幅が広がります。


2.パスタを茹でている間に、わさび菜を半量炒め用に茎ごと5cmにカット、もう半量を飾り用に葉だけ手でちぎっておきます。フライパンにEXVオリーブオイルとにんにくを入れ、弱火でじっくり香りが立つまで炒めます。香りが立ってきたらしらす干しを加え、炒め用のわさび菜と男鹿半島の塩を入れて炒めます。フライパンの火を止めて茹で上がったリングイネと茹で汁を入れてフライパンをあおって水気が飛ぶまで乳化させます。
nakaoアルミフライパン打出 24cm 底が打出し加工だから食材がくっつきにくく、使い勝手の良い軽いフライパン。

3.リングイネをお皿に盛り付けて飾り用のわさび菜をのせ、パルミジャーノレッジャーノを削り入れて出来上がりです。
Microplane プレミアムシリーズ ゼスターグレーター 表面に鋭い突起がない特許取得のレーザー加工の刃は切れ味抜群。

  1. 材料(2人分)
  2. HOW TO COOK! 作り方
  3. 今回使った道具と調味料

今回使った道具と調味料