株式会社サンクラフト

作り手みなさまのこと

「株式会社サンクラフト」さんは1948年に岐阜県関市で創業され、24,000平米の広大な敷地に自社工場を構え、70年以上続く歴史ある会社です。包丁だけでなく、キッチンツールや調理小物など数多くの商品を開発・製造を行っています。企業理念である“楽しい豊かな生活文化をリッチな道具で提供しよう”のもと、社員の方が一丸となり“新しいもの、新しいこと”に絶えず挑戦されています。
また、関の刃物の技術を支える職人さんが今も伝統技術を受け継ぎ守っていくために、新しい職人の育成に力を入れおられます。
オートメーション化され品質向上された工程もありますが、包丁をつくるためには多くの工程があり、その工程ごとに担当する職人さんがいます。
例えば「プレス工程」では一枚の金属板から包丁の形に打ち抜く作業がありますが、金属板を無駄なく効率よく打ち抜くことでコストカットでお客様にできる限りお求めやすい価格でご提供できるよう日々努力をされています。
次に「刃付け工程」では何段階もの砥石を用いて職人さんの手で一本一本、刃を出して(付けて)行きます。その後仕上げの作業となる研磨工程となります。これは「羽布(ばふ)」と呼ばれ、布が高速で回転しているところに絶妙な力の入れ具合でオールステンレスハンドルも木柄のハンドルも磨きをかけていきます。サンクラフトさんの高い品質は、検品の方法に表れています。
岐阜県関市の刃物産業は分業制で成り立っており、数工程だけは外注先で加工をしています。不良品を出さないために工程間の検品は徹底的に行っています。特にMOKAは目に見えないキズを見つけるために「探傷剤(たんしょうざい)」と言う薬品を使って傷を見つける作業を全て商品において検品をしています。また切れ味のチェックを一本一本ウレタンを切って行います。この検品作業で少しでも切れ味に違和感を感じたものは再度研ぎ直しをして切れ味に自信を持ってお届けできるものしか梱包しないという品質管理の徹底ぶりが伺えます。
刃物づくりの伝統技術を今に受け継ぎながら、暮らしを楽しくするキッチン用品を開発されている柔軟な姿は、これから先も使い手のことを思いながら今以上に商品の品質を守り、伝統技術を活かした新しい商品が生み出されていくことと思います。
最新情報をチェックしよう!

作り手のことの最新記事