揚げもちと秋かぶのみぞれがけ

旬の秋かぶの甘みを活かした蕪みぞれを揚げた餅と一緒に食せば、やさしい味わいに癒されます。かぶの根や葉には色々な栄養素が含まれています。根の方には胃や腸を整える働きがある消化酵素のアミラーゼが含まれていたり、葉の方にはβカロテンが豊富に含まれており免疫力を高めてくれる効果があると言われています。またビタミンCも含まれているのでシミに効く抗酸化作用の成分があり、美容効果も期待できます。ぜひ葉も一緒にお召し上がりください。
材料(4人分) 
かぶ       4玉
切り餅      3つ
岩井の胡麻油白口 適量※食用油でも良いです。
<みぞれ調味料>
昆布だし     80ml※無ければ水で良いです。
酒        小さじ1
みりん      小さじ1
男鹿の藻塩    小さじ2
薄口しょうゆ   小さじ2/3
<仕上げ>※一皿分
岩井の胡麻油金口 小さじ1
ぶぶあられ    適量
今回使った道具
新光堂 純銅手造り両面おろし金 3号、本格手打 行平鍋 6寸/18cm 両口、nakao ヤットコ鍋 21cm、水切り盆ざる7寸、白竹無垢菜箸33 無塗装、白竹盛付け箸、パセリ 横口レードル、家事問屋 下ごしらえボウル13、男鹿半島の藻塩

HOW TO COOK!作り方

1.市販の切り餅を袋から出し、盆ざるに1時間ほど置いて乾燥させておきます。
<おすすめ> 行平鍋や水出しポットで水1リットルに対して利尻昆布15×5cmくらいの昆布だしを作っておくと、色々な料理に使えて便利です。
2.かぶの皮を厚めに剥き、おろし金(粗目の方)で卸します。葉の部分は2mm程度の間隔で小口切りにします。
3.行平鍋に昆布だし(無ければ水)を入れて、みぞれの調味料を入れます。沸騰したら「蕪みぞれ」と「かぶの葉っぱ」を入れて5分程煮立たせます。
蕪みぞれの汁にも栄養素があるので一緒に入れるのをおすすめします。
4.やっとこ鍋に白口胡麻油(食用油でも良いです)を適量入れ、弱火~中火で揚げます。膨れたらすぐに菜箸で上げてください。
餅は揚げると膨れるので、間隔を空けて揚げるのがポイントです。21cmの鍋であれば3つくらいずつが良いです。間隔が無いとくっついて大変です。
5.盛り付け箸で揚げた餅を器に盛りつけます。
6.3.で作った「蕪みぞれ」をもう一度沸騰させ、アツアツのみぞれをかけます。
7.最後に岩井の胡麻油金口を小さじ1ひとかけし、適量のぶぶあられを振り、出来上がりです。アツアツのうちに召し上がれ。

 

[今回使った道具]

新光堂 純銅手造り両面おろし金 3号

金属加工が有名な新潟県燕市で職人さんが一つ一つ目立てを行い、伝統技術を受け継ぎながら手づくりでつくられている純銅のおろし…

本格手打 行平鍋 6寸/18cm 両口

ひとつひとつ作り手である姫野寿一さんの手によって打ち出された鍋。行平鍋は日本料理を作る上で欠かせない片手鍋のひとつ。底…

nakao ヤットコ鍋 21cm

取っ手が無いのでサイズ違いの大きさの鍋が入れ子になるので、かさばる鍋の置き場所にも困りません。スッキリと収納することがで…

水切り盆ざる7寸

昔から竹細工で有名な九州地方。この水切り盆ざるは、職人さんが天然の竹ひごを丁寧に編み込み手作りされたもの。だから頑丈で温…

白竹無垢菜箸33 無塗装

菜箸の「菜」とは、おかずのことを指します。炒める、揚げる、混ぜる、ほぐす、和えるなど調理には欠かせない道具のひとつ。加熱…

白竹盛付け箸

盛り付け専用の箸。菜箸よりも箸先が極細で、繊細な盛り付けに適しています。小さな豆もつまみやすく、高さを出して盛り付けたい…

パセリ 横口レードル

表面を単一方向に研磨し、光沢を抑えた落ち着いた雰囲気のヘアライン加工のツール。持っただけで質の良さをお分かりいただけると…

家事問屋 下ごしらえボウル13

卵を溶いたり、具材を和えたりと、日々使うボウル。 目盛りのついた、この下ごしらえボウルは、計量しながらの調理が可能。小…

男鹿半島の藻塩 タッパー丸型 80g

なまはげで有名な秋田県男鹿市にある秋田県唯一の塩工房さんです。綺麗な海水を汲み上げ、昔ながらの製法で職人さんが丁寧に、時…

最新情報をチェックしよう!