完熟マンゴーのフローズンヨーグルト

沖縄県産の完熟マンゴーを使ったフローズンヨーグルト。マンゴーの甘い香り、さっぱりとしたヨーグルトの酸味とシャリシャリ感が暑い夏にぴったりのデザートです。マンゴーの栄養素にはβカロテンやビタミンCがあり、肌や粘膜を健康に保つ効果があります。食物繊維も含まれているので腸内改善にも期待ができます。また、妊娠前後に必要な栄養素である葉酸も含まれているので、女性には欠かせないおすすめのフルーツです。沖縄県産マンゴーの旬は6月~9月なので甘くて美味しい完熟マンゴーを贅沢に使ってデザートをつくってみるのはいかがでしょうか。


  1. 材料(2人分)
  2. HOW TO COOK! 作り方
  3. 今回使った道具

材料(2人分)

  • 完熟マンゴー  ・・・ 1個
  • ヨーグルト   ・・・ 200g
  • キウイフルーツ ・・・ 適量
  • 砂糖      ・・・ お好み

HOW TO COOK!作り方


1.マンゴー1つ、ヨーグルト200gを用意します。ボウルにザルをセットしてザルの上に晒を敷き、ヨーグルトを水切りします。写真のようにボウルに水を張って重しにすると早く水切りができます。約15分間水切りします。

2.ヨーグルトの水切りを待っている時間にマンゴーをカットします。マンゴーは真ん中に種があるので、真ん中(約2cm)を避けて包丁を入れます。トッピング用に3分の1程度残しておきます。

3.水切りしたヨーグルトとカットしたマンゴー3分の2程度をミキサーに入れ、なめらかになるまで攪拌します。※このとき、少し甘い味に仕上げたい場合は砂糖を入れてください。

4.攪拌できたら容器に移し替え、冷凍庫で30分以上冷まします。

5.固まったらスプーン等で食べやすいようにざっくりと砕き混ぜます。盛り付けはそのままグラスに入れた方が簡単で食べやすいですが、写真のように2つのスプーンでくるくると回しながら形をつくるとお店で出てくるようなデザートの一皿になります。

6.お皿にのせ、カットした残りのマンゴーとお好みでキウイフルーツやミントをのせると、より夏らしく彩り鮮やかになります。冷たいうちにお召し上がりください。


  1. 材料(2人分)
  2. HOW TO COOK! 作り方
  3. 今回使った道具

今回使った道具

さささ和晒ロール Cut (ミシン目あり)

大阪府堺市にある「武田晒工場」さんでは和晒の使い心地の良さを日常の暮らしで身近に使えるものにできないかと考えつくられたの…

野田琺瑯 レクタングルM シール蓋付

お台所の強い味方になってくれる、野田琺瑯さんの「ホワイトシリーズ」。琺瑯は、酸や塩分に強く、食材の風味を損なうことなく保…

MOKA 三徳包丁

刃物のまち、岐阜県関市でつくられたオールステンレスの包丁です。切れ味が良く、ハンドルにはスリットが入っているので滑りに…

ichibishi 入れ子式メジャーカップ 500㏄

持ち手がリングになっていないのでサイズ違いのメジャーカップを入れ子式で収納ができます。また、取っ手をフックなどに引っかけ…

KOINU フラットエッジ 角バット トレー 30枚取

野菜や魚などの食材をカットしたものを入れたり、揚げ物の油切りなど、調理中で何かと便利なのが角バット フラットエッジシリー…