バターナッツかぼちゃのポタージュ

バターのように滑らかで、ナッツのように甘いことから名付けられたバターナッツかぼちゃ。今回はこのバターナッツかぼちゃを使ったポタージュをご紹介します。バターナッツかぼちゃは、8月頃に収穫されますが、収穫直後の糖度は9度ほど、これを1~2か月追熟することで、糖度が12度以上に上がり、市場に出てくる9月〜10月頃は甘味が増して食べ頃の旬の野菜です。繊維質が少なく、なめらかな食感で、ねっとりとしたコクがあるので、ポタージュやソテーに最適です。普通のかぼちゃよりも水分が多いので、早めの調理をおすすめします。今回は、食材の味を活かして塩のみで味付けしています。自然な甘みで、身体に優しいポタージュをぜひお召し上がりください。

  1. 材料(2人分)
  2. HOW TO COOK! 作り方
  3. 今回使った道具と調味料

材料(2人分)

  • バターナッツかぼちゃ ・・・ 1/2個(約500g)
  • 玉ねぎ        ・・・ 1/2個
  • 水         ・・・ 250ml
  • 牛乳        ・・・ 150ml
  • 男鹿半島の塩    ・・・ 小さじ1
  • 白コショウ      ・・・ 適宜
  • 生クリーム     ・・・ 適宜

HOW TO COOK!作り方


1.バターナッツかぼちゃの種とワタをスプーンでくり抜き、ヘタと底を切り落とします。皮は柔らかいのでピーラーで剥いてから、角切りにしておきます。


2.薄切りにした玉ねぎと、1のバターナッツかぼちゃ、男鹿半島の塩と水をやっとこ鍋に入れて中火で柔らかくなるまで10分ほど煮込み、火から下ろして粗熱を取ります。

nakao ヤットコ鍋 18cm 取っ手がないので、調理中場所を取らず、コンロの上を有効に使うことができます。

3.粗熱が取れたら、ミキサーに汁ごと移してなめらかになるまで撹拌させ、ふたたびやっとこ鍋に移して、牛乳と白コショウを加えて混ぜ合わせながら温めます。味はここで確認をし、お好みで塩や水を足して調整してください。

 冷凍保存する場合は、牛乳を混ぜる前のペースト状のものにすると省スペース保存できます。


4.お皿に盛り付けて、お好みで生クリームやパセリを飾って出来上がり。作りおきする場合は、野田琺瑯さんの容器に入れておくと便利です。

野田琺瑯 持ち手付ストッカー角型L シール蓋付 冷蔵、冷凍どちらでも保存可能な琺瑯の容器は、そのまま火にかけることもできるので温め直しに便利です。

  1. 材料(2人分)
  2. HOW TO COOK! 作り方
  3. 今回使った道具と調味料

今回使った道具と調味料