姫野作.

姫野作. 有限会社姫野作.

大正13年から続く大阪の鍋工房 姫野作.さん。3代目の姫野寿一さんは、国内に数人しかいない手打鍋の作り手です。全国の料理人が好んで選ぶほど、信頼できる鍋を日々手打ちで作り続けられています。この工房で作られる全てに “姫野作”の刻印が打ち込まれています。この刻印は、姫野寿一さんの技術と誇り、「使い手と一生付き合えるもの」という工房の願いを形にした証。アルミ板一枚が鍋になる。それを聞いてもすぐにはイメージし難いと思います。姫野作.さんの工房での様子をご紹介します。

 1. アルミ板から鍋へ

まず必要なサイズに切り出したアルミ板を、木槌で鍋の底から叩き形づくり、次に側面を底から見て80度の角度になるまで立ち上げていきます。カンカンカンと一定のリズムで木槌の音が工房に鳴り響きます。少しずつ少しずつアルミ板が伸びることで、形を作り出し、硬化して硬くなりながら鍋へと変貌を遂げていきます。真冬でも汗だくになるほどの体力仕事だとおっしゃいます。また驚くことに、この音の微妙な変化を聞き分けながら、アルミが締まってきているかを確認しつつ、次の作業に進んでいきます。これこそ、長年の経験でしか成し得ない五感で感じながらのものづくりだと思います。

 2. 美しい槌目づくり

鍋の形ができたら、鍋肌に仕上げの綺麗な槌目を金槌でつけていきます。形づくりで使用した木槌は同じところを何度叩いても大丈夫なのに対し、金槌は一度きり。一発で決めなければいけないので、より神経を使う作業になります。これにより、木槌の傷が消え、さらに締めて硬く丈夫にしていきます。約1cm幅に4周もの細かい槌目で叩き締めます。鍋の底面は、中心から円を描くように等間隔に叩きます。美しい鎚目にするために同じ場所は絶対に叩かず、金槌をどこに振り下ろすのか、それは職人の勘だけが頼り。揃った美しい槌目を作れるようになるまでには、10年以上はかかるそう。長年培った職人の勘と卓越した技術が、美しく揃った鎚目を生み出します

 3. 叩き続ける…

特に底面と側面の角のカーブ部分は、強度を上げるために1回ではなく念入りに丁寧に丁寧に叩いて仕上げます。 1つの鍋を作り出すのに、400〜500回叩いて仕上げていきます。これは職人による手打ちでしか、なし得ない技術のひとつです。今回行平鍋の取手は「本格取手」と言う、大きな1枚のアルミ板から手作業で切り分けて、曲げ、溶接して作るといった手間を惜しまず、昔ながらの手法で丁寧に手作りされた特別なものになります。
いかに均等に綺麗に打つか、道具や座り方、力の入れ方などを様々な角度から追求を重ね、今の形に行きついたと言います。このものづくりへの探求はこれからも続き、技術を守りつつ使い手が喜んでくれる手打ち鍋を作り続けていかれるのだと思います。


作り手 姫野寿一さんのこと


全ての画像提供元:有限会社姫野作.

姫野寿一さんとはじめてお会いしたのは、8年ほど前。とても面白く人間味あふれるステキな方です。姫野寿一さんの手ひとつから生まれる鍋は、もちろん素晴らしいの一言につきます。実直にひとつひとつ丁寧に打ち込んでつくる槌目。実用性に優れながら、美しさも兼ね備えています。そんな姫野寿一さんは30歳のときに、祖父が立ち上げた工房を3代目として継がれます。「幼少期、学校から帰ると毎日、鍋をカンカンと叩く音が聞こえてきて本当にイヤだった」と、笑いながら語りつつ、代々受け継がれきた技術を今に伝え、ものづくりが本当に好きなんだなと感じてなりません。調理器具だけに留まらずオブジェなども手がけられている大阪を代表する作り手のお一人です。
最新情報をチェックしよう!

作り手のことの最新記事