生七味でつくる、こんにゃく甘辛煮

簡単でヘルシー!ごはんのおかずにも、お酒のおつみまみにも合う一品です。こんにゃくと少しの調味料を鍋に入れてカラカラになるまで煮詰めたら「ぬれ七味」を和えるだけ!ピリ辛だけど、もろみ醤油の深い味わいと「柚子」「ミカンの皮」「ごま」などの香りが絶妙に合わさり、そこまで辛味は感じません。箸が止まらないクセになる味です。そのまま薬味として使うもよし。マヨネーズと混ぜてソースにしても美味しいです。
材料(2~4人分) 
板こんにゃく 1袋
ぬれ七味   小さじ2
<調味料>※こんにゃくを煮る用
醤油     大さじ1
砂糖     大さじ1
酒      大さじ1
みりん    大さじ1
水      300ml
今回使った道具
かんずり ぬれ七味 45g、家事問屋 下ごしらえボウル13 、nakao ヤットコ鍋 21cm

HOW TO COOK!作り方


下ごしらえボウル 13

ソースづくりにも便利
1.板こんにゃくを手で一口大にちぎってボウルに入れておきます。※手でちぎると味がしみ込みやすくなります。
【家事問屋 下ごしらえボウル 13】食材を入れて置くだけでなく、注ぎ口とメモリが付いているので卵を溶いたり、ドレッシングやソースづくりに活躍します。
2.鍋でお湯を沸騰させ、こんにゃくをサッと茹でてアク抜きします。※アク抜き不要と明記してあるものは下茹でしないで大丈夫です。
3.鍋に<調味料>と下茹でしたこんにゃくを入れて中火でじっくり煮詰めます。

かんずりからつくられた【ぬれ七味】

もろみ醤油が最高!
【かんずり ぬれ七味かんずりをベースにつくられた生七味です。保存料や添加物は一切使用していません。香りが良い「ごま」「みかんの皮」「もろみ醤油」絶妙な味わいがクセになります
4.汁気が無くなったら、「かんずり ぬれ七味」を入れてよく混ぜます。
5.お皿に盛りつけて完成です。かんずりから作られた「ぬれ七味」はもろみ醤油の香りと味わいが最高です。お酒にぴったりのヘルシーおつまみです。

[今回使った道具]

かんずり ぬれ七味 45g

かんずりとは、新潟県妙高市の伝統調味料です。原料のもとになる唐辛子は自家栽培したものと妙高市の契約農家さんの唐辛子を使用…

家事問屋 下ごしらえボウル13

卵を溶いたり、具材を和えたりと、日々使うボウル。 目盛りのついた、この下ごしらえボウルは、計量しながらの調理が可能。小…

nakao ヤットコ鍋 21cm

取っ手が無いのでサイズ違いの大きさの鍋が入れ子になるので、かさばる鍋の置き場所にも困りません。スッキリと収納することがで…

最新情報をチェックしよう!