辛さほとばしる胡麻担々麺

寒くなると、温かい汁物が食べたくなります。簡単な手順と短い調理時間でできる、辛いだけじゃない、白胡麻と豆乳のまろやかな味わいがやみつきになる担々麺をご紹介します。辛味調味料を調整するだけで、お子様にも美味しくお召し上がりいただけます。また、肉味噌だけをレタスに巻いて食べても、このスープを使ってお鍋にしても美味しくお召し上がりいただけます。

材料 (2人分)
中華麺        2袋
チンゲン菜      1束
カイワレ大根     適宜
カシューナッツ    適宜
A[肉味噌調味料]
豚ひき肉       1パック(200g)
胡麻油 金口        大さじ1
にんにく(みじん切り)  1片
生姜(みじん切り)    小さじ1
味噌         大さじ1
砂糖         小さじ2
酒          小さじ1
みりん        小さじ1
ぬれ七味       小さじ2/3  *唐辛子でも代用可(お好みの量で!)
B[スープ調味料]
水          500ml
純正ねり白胡麻    大さじ6
鶏ガラスープの素   大さじ1
醤油         小さじ2
砂糖         小さじ2
オイスターソース   小さじ2
豆乳         100ml
ラー油        大さじ2
今回使った道具と食品
純正ねり白胡麻、純正胡麻油 金口、ぬれ七味、男鹿半島の塩、本格手打 行平鍋 6寸/18cm、nakao ヤットコ鍋 18cm、シリコンハンドルスクイザルS、JUJU mortier すり鉢 6寸 鉄黒、山椒 擂粉木 210、パセリ 横口レードル

HOW TO COOK!作り方

1.はじめに小鍋に塩を少々入れお湯を沸かし、チンゲン菜は洗って1枚ずつにはがし、根元部分を入れて20秒ほど茹でます。その後全体を箸などで沈めて鍋の中へ入れて、 30秒茹で冷水にとりバットにあげて水気を切ります。カシューナッツは、すり鉢で粗く挽いておきます

2.次に肉味噌を作ります。行平鍋に胡麻油 金口、にんにくと生姜のみじん切りを入れ、中火にかけます。少し香りが立ってきたら豚ひき肉を入れて炒めていきます。豚ひき肉が色づきはじめたら、A[肉味噌調味料]を入れ、味を浸み込ませていきます。

3.仕上がった豚ひき肉はバットに一旦あげて置いておきます。肉味噌で使った行平鍋は洗わずにそのままB[スープ調味料]の豆乳とラー油を除いた全てを入れて中火で熱していきます。温まったら最後に豆乳とラー油を入れ、塩味が少なかったら男鹿半島の塩(分量外)で味を整えていきます。

4.麺はやっとこ鍋で表示時間通りに茹で、温めておいたスープとともに器に盛り付け、上に肉味噌とチンゲン菜、カイワレ大根をのせて、仕上げに上から胡麻油 金口を回しかけたら出来上がり。辛味がもっと欲しい場合は、ラー油をさらにかけても美味しくいただけます。


[今回使った道具と食品]

岩井の胡麻油 純正ねり白胡麻 100g

白胡麻を石臼でゆっくりと挽いた、きめ細やかな白練りごまです。クリーミーで滑らかな舌触りが特徴です。ほうれん草の胡麻和えや…

かんずり ぬれ七味 45g

かんずりとは、新潟県妙高市の伝統調味料です。原料のもとになる唐辛子は自家栽培したものと妙高市の契約農家さんの唐辛子を使用…

岩井の純正胡麻油金口 330g

岩井の胡麻油は、安政四年(1857年)の創業以来今もなお昔ながらの製法を守り、人の手をかけ、丁寧に搾っています。胡麻油の…

男鹿半島の塩 スタンドパック 200g

なまはげで有名な秋田県男鹿市にある秋田県唯一の塩工房さんです。綺麗な海水を汲み上げ、昔ながらの製法で職人さんが丁寧に、時…

本格手打 行平鍋 6寸/18cm 両口

ひとつひとつ作り手である姫野寿一さんの手によって打ち出された鍋。行平鍋は日本料理を作る上で欠かせない片手鍋のひとつ。底…

nakao ヤットコ鍋 18cm

取っ手が無いのでサイズ違いの大きさの鍋が入れ子になるので、かさばる鍋の置き場所にも困りません。スッキリと収納することがで…

シリコンハンドルスクイザルS

先端が大きくなったこの形は、小さくてもたくさんすくうことができます。コンパクトだから収納にも場所を取りません。浅めなの…

JUJU mortier すり鉢 6寸 鉄黒

このすり鉢は利き手に関係なく、右にも左にも同様に摺ることができるように、独自の美しい曲線「波紋櫛目」で描かれています。食…

山椒 擂粉木 210

堅く摩擦に強い山椒の木は、古くから擂粉木として用いられてきました。毎日使うわけではないけれど、やはり必要な道具 擂粉木。…

パセリ 横口レードル

表面を単一方向に研磨し、光沢を抑えた落ち着いた雰囲気のヘアライン加工のツール。持っただけで質の良さをお分かりいただけると…