ambai/包丁

薄刃で切れ味抜群の包丁

鋼の包丁に定評がある馬場刃物製作所は、長い歴史を持つ包丁の産地、大阪府堺市のメーカー。納得のいくステンレスの包丁を作るため、世界的な刃物の産地として知られる岐阜県関市のメーカーとタイアップして実現したのが、手に馴染む、持ちたくなる、見せたくなるステンレス包丁ambai包丁です。刃は、日本刀の刃先形状と同様の「ハマグリ刃」加工で、職人技で刃の背から刃先にかけて独特な丸みを出しています。抜群の切れ味と切れ味の持続性、容易な研ぎを実現します。握りやすいハンドルは使いやすさに繋がる積層強化木製で、水に強く耐久性に優れた素材で持ったときの感触がとてもよく、従来の金属のビス止めを使用しない工夫を施すことで、とても握りやすく衛生的です。ペティは野菜や果物の皮むきなど小型万能として使える包丁、三徳は野菜や肉、魚にと、万能に使える包丁です。
ambai包丁 ペティ
サイズ:全長23.5cm(刃渡り13cm)
重 量:約60g
価 格:¥6,600(税込)


ambai包丁 三徳
サイズ:全長29.5cm(刃渡り17cm)
重 量:約120g
素 材:モリブデン、バナジウムステンレス鋼、積層強化木
食洗機/×
生産地:大阪府堺市
ブランド:ambai(作り手/馬場刃物製作所)
デザイン:小泉誠さん
価 格:¥8,800(税込)

道具の手入れ術

ご使用の前に
・食器洗剤で洗ってからご使用ください。
ご使用の後に
・スポンジでお手入れされる場合、刃先をこすらないでください。また金属たわしなどはご使用にならないでください。
・ステンレス包丁でも水分や汚れが付いたまま放置すると、サビることがあります。放置せず、食器洗剤や粉末クレンザーを使い、お湯で落としてください。お湯を使うことで水分が蒸発しやすくなります。
・洗った後は、乾いた布で、ブレードとハンドルの水気をよく拭き取り、乾燥させてから保管してください。
・長期間使用しない場合は、使用後クレンザーでよく汚れを落とし、乾燥させてから新聞紙に包んで湿気のないところで保管してください。


取扱注意事項
・日頃からブレードにヒビが発生していないかご注意ください。ヒビが発生していますと、刃こぼれや折れの原因となります。破損した場合は、ご使用をおやめください。
・用途に合った包丁をご使用ください。冷凍食品や骨などの硬い食材を切るとヒビや刃こぼれの原因となります。
・木製ハンドルは、水分を含みやすいものです。よく水気を取ってください。長期間のご使用で、割れや変形が発生した場合は早めの交換をお願いします。
・塩素系除菌剤や漂白剤はサビの原因になります。
・まな板を必ずご使用ください。
・包丁を直接火であぶらないでください。
・食器洗浄機や食器乾燥機では、ご使用にならないでください。
・切れる包丁も使用を重ねることで、少しずつ切れ味が悪くなります。月に一度は研いてください。

最新情報をチェックしよう!